2015年7月11日土曜日

第4回クリエイターEXPO

今回はレポになります。 先週東京ビッグサイトにて開催された
  「第4回クリエイターEXPO」に参加してきました!
  http://www.creator-expo.jp/

このイベントは簡単にいうとクリエイターの売り込みイベントのような感じですかね。
いろいろなクリエイターがブースを割当られ、そのブース内で宣伝をするという物になります。
数有るクリエイター系のイベントのようですが、大きな違いがありまして、
それが完全に営業目的のイベントということです。
ブースもそれ専用に作ってあり、すぐに商談のできる椅子、机が完備されています。
お客さんも企業の方が基本でした。
開催日が平日という事もあって、しっかりと企業の方が使えるクリエイターを探しにきてるんだなと感じました。
そんな中鹿児島からノコノコと営業に参加させてもらいに行ったのですが。

結果は めっちゃくちゃに楽しかったです!
いろいろな企業様と話ができて、知らない現場の事もいろいろと聞く事ができたのが一番
の収穫だったと思います。 ちなみにブースはこんな感じ


  



前日の設営ができなかったので、当日の朝にはやめにいってペタペタと貼付けました!!

今回のブースを作る上で気をつけた事が、何をしているかを明確にする!
ということでしたね。

そのためにキャッチコピーでやれることを遠目でみても分かるように打ち出し
また、持ち帰れるようにチラシも置きました。

チラシは刷ったあまりがでたのですが、それ以外は概ね成功かなと思います。

場所もちょっとだけ人通りの少ない位置だったのですが、それでも想像以上の方とお話をする事ができました。

最終的には100社近くの企業様といろいろとお話ができたので、成果はあったのではないでしょうか。


これからどのくらいの仕事に繋がっていくかは、現時点ではまだハッキリとは分かりませんが、今回のイベントでしっかりと成長する事ができたな!
と感じれたので満足です!!

あとは今からイラストのレベルを必死に上げるだけです...!!
よし!
頑張って絵を描くぞ!!



2015年4月24日金曜日

ariの背景イラストの描き方 クリスタルの描き方

ブログを見て頂きありがとうございます。
今回の記事は動画の、ariの背景イラストの描き方クリスタルの描き方のまとめ記事になります。

以下に動画で説明していますので、そちらもご覧下さい。



今回はクリスタルの描き方の説明になります。
クリスタルといっていますが、宝石、ガラス、水面などキラキラしたものには
応用が利く描き方です。


以下画像を載せていきます。

クリスタルや水晶などは形がいろいろとあると思いますが
今回はクリスタルと聞いてパッと浮かぶ形で描いています(自分がですが)



まずは大体の形と光の場所をなんとなく想像します。
その後クリスタルの形をなげなわツールでとっていきます。














 


とった形を透明度保護をして、地塗りをぺたぺたとしていきます
その後ハイライトを各所に入れていき
大体のハイライトを入れたら、なげなわツールでエッジを立てて光を際立たせる。









 




ハイライトを、ある程度光の当たりそうなところにいれたら完成!!
 





















以上が簡単にクリスタルを描く方法になります。
透明感のあるものは、光の透過や屈折で光り方が複雑になるので
いろいろと観察して、なんとなくここに入れたらカッコイイ!!
といった視点で見てみるのもオススメです。

興味がわいてきたら、しっかりと理解したらさらに説得力のある絵が描けると思います。

今回はなげなわツールの使い方などは
動画のほうが分かりやすいと思いますので、是非動画を合わせてご覧下さい。

以上で簡単ではありますがこの記事で補足説明にさせていただきます。

次回はまた違った背景イラストの描き方になると思いますので、
是非動画ができましたらご覧下さい。
また、何か意見感想、分からない事等ありましたらメールまたはコメントにてご連絡ください。

それでは良いPhotoshopライフをお送り下さい!!

よろしければチャンネル登録もお願いします!

Ari_BGIllustChannel チャンネル登録!!

2015年4月3日金曜日

ariの背景イラストの描き方 光の描き方(描画モード)

皆さんこんにちは 今回は動画ariの背景イラストの描き方 
光の描き方(描画モード)のまとめ記事になります。

以下に動画で説明していますので、そちらもご覧下さい。




今回は光の描き方(描画モード)の説明になります。
室内イラスト、屋外イラストのどちらを描く時も、光というのは
必ず出てくるものになりますので、今回はその光の描き方と、
レイヤーの描画モードというものについての説明をしています。

ライトの描き方ですが

まずは1点透視で部屋を描いて、その後天井の部分にライトを描きます。
そして、ライトからの光が当たる部分に、ソフトエアブラシで光を作画
その後、その光のレイヤーをコピーして、ソフトライトとオーバーレイに変更したら
完成です!!

以下に画像で説明しますので、ご覧下さい。































この方法を使うと室内などで光を表現する時に、非常に役に立ちます!
あとは他にもモードが沢山ありますが、何個かよく使う奴だけ
以下に画像を置きました!

















以上が自分が良く使うモードになります。
特に乗算なんかは影を使うさいに非常に使用しますので、是非試してみて下さい。

いろいろなモードがあって、自分でも全部は使っておりません(^^;
絵を描きながら、試しながらって感じですので、皆さんも是非いろいろなモードを
試しながら絵に合成してみてはいかがでしょうか!


以上で簡単ではありますがこの記事で補足説明にさせていただきます。

次回はまた違った背景イラストの描き方になると思いますので、
是非動画ができましたらご覧下さい。
また、何か意見感想、分からない事等ありましたらメールまたはコメントにてご連絡ください。

それでは良いPhotoshopライフをお送り下さい!!

よろしければチャンネル登録もお願いします!

Ari_BGIllustChannel チャンネル登録!!

2015年3月20日金曜日

ariの背景イラストの描き方 レイヤー構造

皆さんこんにちは 今回は動画ariの背景イラストの描き方 
レイヤー構造のまとめ記事になります。

以下に動画で説明していますので、そちらもご覧下さい。



今回はレイヤー構造という小難しそうなタイトルですが
ようはレイヤーをどういう風に分けたら、効率がいいよという話です。

あくまでも僕のやり方になるので、参考までに見て下さればと思います。

レイヤーを分ける理由としては、効率化が一番だと思います。
1枚だけで描いてるよりも、パーツパーツの修正がしやすいですからね!
ただ1枚で描いた方が一体感が出やすいと思います。

自分で描く場合は、レイヤーを使って描く絵もあるし、1枚で描く絵もあるしと
バラバラですね。

レイヤーを使うときに、個人的に気をつけている点だけ以下で図にしました。
















基本的にはこんだけですね。
これ以外に気をつけている事は、調整レイヤーというものを掛けるときに
レイヤーの順序をきをつけているくらいでしょうか。

また仕事によっては、クライアントさんからレイヤーはこれくらいで分けてください
といった指示がある場合もあるので、その時は従いましょう!

レイヤーは1枚でもなんとかなるので
分けるのは、個人個人で効率の良い方法を見つけていくのが一番だなと思います。
あとは描きまくっていけば、どういうやり方が自分に一番合ってるのがが分かってくると思いますので、是非沢山描いてみてください!!

以上で簡単ではありますがこの記事で補足説明にさせていただきます。

次回はまた違った背景イラストの描き方になると思いますので、
是非動画ができましたらご覧下さい。
また、何か意見感想、分からない事等ありましたらメールまたはコメントにてご連絡ください。

それでは良いPhotoshopライフをお送り下さい!!

よろしければチャンネル登録もお願いします!

Ari_BGIllustChannel チャンネル登録!!

ariの背景イラストの描き方 1点透視パース その2

皆さんこんにちは 今回は動画 ariの背景イラストの描き方 
1点透視パースまとめ記事その2です。

以下に動画で説明していますので、そちらもご覧下さい。



今回は1点透視の応用です。
パースを使って描く、曲がり道と階段になります。


では、以下に簡単にまとめた図を載せていきます。

・まず初めにELとVPを設定して、基盤となる道を描く















・最後にいらないパースラインを消して、ラインを整えると完成!! 














曲がり道はVPが増えると考えると非常に簡単に作成できます。
これに坂道等をプラスして、オリジナルの道を描くと勉強になります。



次は階段の描き方ですが、少し複雑になりますので確認をしながら描くといいと思います。

・まずは階段の基盤になる坂道を描いてあげます。
・そして坂道の始まる所から1段目を描き始めます。
















・そのまま1段目の描き方と同じように、1段目の終わりから描き足していくと
 2段目以降を描く事ができます。
















・最後にいらないパースライン等を消して完成!




















階段の注意点としてはELに近づいていくほど、見える面が狭くなっていく事です。
ELより離れてる場合は上の面が沢山見えて
近づいていくと狭くなっていくという基本になります。

階段や曲がり道のパースは風景、背景を描く時必ず必要になってきます
最初の段階でなんとなくより、理解をしてたほうが絵に説得力が出るので
早めに理解をしておくと良いです。

あとは階段とかは絵にしていくと楽しいので、是非沢山描いてみてください!


今回のも文字だけだと 分かりづらいので、動画を見ることをおすすめします!
 
以上で簡単ではありますがこの記事で補足説明にさせていただきます。

次回はまた違った背景イラストの描き方になると思いますので、
是非動画ができましたらご覧下さい。
また、何か意見感想、分からない事等ありましたらメールまたはコメントにてご連絡ください。

それでは良いPhotoshopライフをお送り下さい!!

よろしければチャンネル登録もお願いします!

Ari_BGIllustChannel チャンネル登録!!

2015年3月19日木曜日

ariの背景イラストの描き方 1点透視パース その1

皆さんこんにちは 今回は動画 ariの背景イラストの描き方 
1点透視パースまとめ記事その1です。

以下に動画で説明していますので、そちらもご覧下さい。





ここから少し補足説明になります。

簡単にまとめた図を載せていきます。















まずはアイレベルを設定する!
そしてアイレベル上にVPを設定してあげる。

















オブジェクトを描いて、その角から奥に向う辺を
VPに収束させて描いていく。

















他にも道路だったり、道路沿いのビルだったりなんかは
この1点透視ですぐに描く事ができます!

あとはアイレベルの高さを
上の方にしたら上から見下ろしている感じに
下の方にしたら下から見上げている感じに
なりますので、是非ためして描いてみて下さい!!



そして次に1点透視で坂道を描く場合の描き方です
動画でいうとNo.13の動画をごらんください。
















基本は同じです、坂道になる部分だけ、通常より上の方に
VPをとってあげてそこに収束していきます。















下の方も上と同じ!
ただ少し混乱するかもしれないので、ゆっくりと確認しながら描くといいと思います。



パースは風景、背景を描く時にある程度必要になってきますので
基礎からなんとなくでいいので、理解をしておくと良いです。

そのうち絵にいかせるようになっていくはず!
あとは楽しくパースを描いていっていただければと思います。

今回は文字だけだと 分かりづらいので、動画を見ることをおすすめします!
 
以上で簡単ではありますがこの記事で補足説明にさせていただきます。

次回はまた違った背景イラストの描き方になると思いますので、
是非動画ができましたらご覧下さい。
また、何か意見感想、分からない事等ありましたらメールまたはコメントにてご連絡ください。

それでは良いPhotoshopライフをお送り下さい!!

よろしければチャンネル登録もお願いします!

Ari_BGIllustChannel チャンネル登録!!

2015年1月17日土曜日

ariの背景イラストの描き方 No.10

皆さんこんにちは 今回は動画 ariの背景イラストの描き方 No.10の記事です。



第10回目の今回は
前回までの、各素材を組み合わせて1枚のイラストにしてみましょう!
というものになります。

前回までで
岩、木、空、雲、地面
といった物を描いてきました、それをまずは配置していきます。

















 


配置してみました。
今の状態だと、地面の奥の方が白くなっているので、加筆をしていきます。
奥の地面も前回の地面の描き方と同じように描いていきます。
ただし奥の方にあるので、薄めに、あまり細かく描かなくてもいいです。

その後に、地平線の部分に山等を追加して絵に雰囲気を持たせていきます。
 



















山の描き方は、地面と同じようなタッチで大丈夫です。
また奥にあるので、空気の層によって薄くなっているので注意してください。

これで一通り完成ですが。
奥にいくまでの部分が少し寂しいので、遊びを追加していきます。

















 


途中に、森と羊小屋、手前に羊小屋から逃げ出した羊を置きました。
今回は寂しいので途中から描き加えましたが、本来はラフなどで完成絵をある程度
決めておかないとダラダラした絵になりがちなのでお気をつけ下さい。

最後に影を追加していきます。


















 

影を使いすることによって、光がより強く意識できるので、しっかりと
どこから光があたるのかを設定してあげるとよいです。

影を入れたら完成です。





















いままでの描く素材を合わせる事で、1枚の絵を描く事ができました。
皆さんも是非描いてみて下さい。
木を増やしたりすると、森になるし、奥まで続く道を描いても面白いかもしれません。
これだけの素材でも色々な風景を描く事ができますので、沢山試していただければと思います。

何回描いても違った絵になるので面白いですよ!!


以上で簡単ではありますがこの記事で補足説明にさせていただきます。

次回はまた違った背景イラストの描き方になると思いますので、
是非動画ができましたらご覧下さい。
また、何か意見感想、分からない事等ありましたらメールまたはコメントにてご連絡ください。

それでは良いPhotoshopライフをお送り下さい!!

よろしければチャンネル登録もお願いします!

Ari_BGIllustChannel チャンネル登録!!